医学部予備校の偏差値の考え方

医学部受験を専門にする予備校を選択

医学部 予備校 : 医学部予備校 プロメディカス

私は通常の予備校に通っていた時期もあるのですが、通常の予備校の場合はとにかく学習を深めることで基礎となる偏差値の上昇を狙うというのが一般的な流れでした。
私は途中から医師の道を志すようになりましたので医学部受験を意識するようになり、その意味もあって医学部受験を専門にする予備校を選択しました。
その様な中で偏差値に関する考え方については大きく変わることになりました。
医学部予備校では通常の文系理系を問わずに指導をしているケースとはことなり、どこを目指すのかを明確にすることを求めてきました。
私は当時は現役生でしたのでそれほど制約もなかったのですが、医学部受験を目指す人の中には浪人生や社会人経験のある人も少なくありませんでしたので偏差値だけではなくそれぞれの大学の特殊性について考慮した指導を行っている傾向を感じました。
偏差値だけで判断するのではなく、そこから目指すことが出来る将来性や大学の考え方などについても情報収集をしているというのが本格的な医学部合格を目的としている組織なのだということを感じさせられました。
私の場合は地元の大学を考えていたのですが、正直に言って入学後の事はあまり考えていませんでした。

医学部受験を専門にする予備校を選択 | 徹底した個別指導が予備校の魅力 | 徹底的に見てもらえる個別学習を強く推奨