医学部予備校の偏差値の考え方

徹底的に見てもらえる個別学習を強く推奨

苦手科目だけではなく苦手分野があるということでも致命的になるということをよく言われていましたので、徹底してその様な穴をつぶす努力をしてきましたし、レベルだけでは測ることが難しい受験先の大学ごとの特徴についても専門の予備校ではしっかりとした知識の積み重ねを持っていました。
それらを惜しげもなく披露してくれるのが最大のメリットでした。
私は結局合格することが出来たのですが、かなりお世話になったと思っていますし、一人で対応していたらどうなっていたかと感じています。
個別指導は定員制で行っていましたので私が受けていなければ他の人が同じ指導を受けていたと思うと、本当に紙一重の差で物事が決まっていくのではないかと感じされられました。
受験の際には難問奇問と言うよりも非常にスタンダードな出題ばかりが目立ちましたので、おそらくミスをした順に落ちていくのだと思います。
如何にミスをしないかと言うことを徹底するために苦手分野を細かくつぶしてくれた指導内容には今でも時々思い出しては感謝しています。
どうせ受けるのであれば中途半端な集団学習ではなく、徹底的に見てもらえる個別学習を強く推奨したいと考えています。

医学部受験を専門にする予備校を選択 | 徹底した個別指導が予備校の魅力 | 徹底的に見てもらえる個別学習を強く推奨

医学部 予備校 / 医学部予備校 プロメディカス