医学部予備校の偏差値の考え方

徹底した個別指導が予備校の魅力

医学部受験を専門にする予備校を選択 | 徹底した個別指導が予備校の魅力 | 徹底的に見てもらえる個別学習を強く推奨

その後のこともしっかりと考えて対応する必要があることはしっかりと言われたのを覚えています。
一応医学部にも偏差値と言うものはありますが、あくまでも参考値でしかなく、基本的にミスをすると大きな差をつけられてしまう仕組みになっているということを教えてもらい、基礎力を徹底的に高めるという努力を繰り返すことになりました。
志望校受験のために必要な科目は何であり、その学力が足りているのかのチェックと、不足部分をどのように埋めていくのかについて徹底した個別指導をしてくれるのが予備校の魅力でした。
この様な対応は他ではなかなか受けることが出来ないように思います。
専門的な指導を受けたいなら個別指導は徹底的に行うべきですし、集団指導を受けるのは非常に中途半端であるとすら思いました。
偏差値と言うものは確かにあるのですが、それを超えていたら合格するというものではありませんし、基本的に能力の高い人ばかりが受けに来るものであるということを意識しておかなければなりませんのであまり意識しないようにしていました。
志望校を明確に決めてその中の上位に立つことが出来るようにするためには何が必要かを真剣に考えて行動するようにしていました。

『順天堂大学医学部1年生ですヽ(゚・^*)^☆.。.:*・゚☆祝☆゚・*:.。.☆^(*^・゚)ノ』YMS 医学部専門予備校 ― スタッ…|https://t.co/gagOGAx7OV

— YMS 医学部専門予備校 (@YMS_o) 2018年4月4日

医学部 予備校 : 医学部予備校 プロメディカス